Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://shoukoudenkou.blog75.fc2.com/tb.php/148-b958f1e9

-件のトラックバック

太陽光発電

あ、書き忘れ

今までシャープ太陽光発電取り扱っていましたが、どうも値段がと言う話が多く、新しく三菱も取り扱い開始しました

で、取り扱い記念を考えています
鴻巣市の隣接市町村までが対象ですが、3kwタイプを本体工事費込み220万円前後で提供予定
条件を今決めてる最中ですが、ざっと

① 築14年以内の木造住宅
② 瓦屋根(コロニアは対象にしない方向で考え中)
③ 勾配が普通の物

もちっと色々考え中
近日中に正式版出します


★ 因みに太陽光発電を設置してはいけない家ってのも有ります

オール電化住宅で、昼間全く人が居ない

理由は簡単
発電した物を売電に回したのでは、いくら発電しても、元取るのに時間がかかり過ぎる


★ 逆に太陽光発電を設置したほうが良い家も有ります(予算の問題がありますので慎重に考えてね)

オール電化の住宅で昼間人が居て、夏はエアコンを2台を昼間ほぼつけっ放しにする家で、冬は床暖房(電気式)をやはり昼間使う方は、完全にお勧めになります
オール電化の致命的な欠点は、昼間の電気量が高い
にも拘らず、昼間の電気使用量が有る家にとっては、実はオール電化はあまりメリットが無かったりします
で、その高い電気量の時間に太陽光発電で補ってあげれば、それだけ元が取れるのが早くなります
そのため、闇雲に発電容量を増やすことはお勧めしません
なんと言っても売電しては何にも成りませんから
出来るだけ自己消費で使いきれる要領がベターと成ります
発電量が足り無すぎるとメリット少ないですし、自己消費しきれない発電は、結局設置者にとっては無駄になります
この辺が、太陽光発電の難しさです
だもんで、オール電化で6キロ契約以上の方であれば、大体3キロ(30A)が丁度良いかなと

ただ注意が要るのは、天気の状態により発電量が左右される事
3キロのタイプでも一日中3キロ発電できるわけではありません
また、実は太陽光発電のパネルは夏に日差しに弱い欠点があります
真夏場の太陽光発電パネルの表面温度が上がりすぎるため、発電効率が悪くなります
ざっと2割くらいかな
パネルの枚数選定には、この辺も考慮する必要があります


事務所等昼間の電気使用量が多いところに関しては、予算の問題もありますが、太陽光発電付けないのは勿体無い状態となっています

太陽光発電に関しては、エコじゃなくメリットで選ぶ時代に成りました
数年前のように、ボランティア設置(元取るのに機器が壊れないとして20年以上)ではない為、発電容量の選定は、注意が必要となります


余り知られていない事ですが、太陽光発電用のパネルは、等の被害が無ければかなり長持ちします
当社で売った物見ても、10年以上のが居ます
最終的に何年持つかはまだ判りませんが、10年は超えてますので、30年くらいは持つかなと
ただし、発電した電気を東電の100Vにする機材(パワーコンディショナー)の寿命は10年以上と言う感じ,20年は持たない感じです
当社で販売した物ではないのですが、ネット上で修理の依頼があり見に行った物で、施工ミスで本来取り付けてはいけない所に付けたパワーコンディショナーが4年で壊れてしまった物もありました(当社推奨メーカーではない物)
結局この物件は、メーカー登録工事店ではない業者がやってしまったため、メーカーの補償が受けられない状態で、当社で見積もり修理をいたしました
メーカー登録工事店以外の工事ですと、全てのメーカーが保障無しないし保障1年本体のみに成ります
必ず太陽光の工事を発注する場合、正規の登録店か確認する必要があります
保障期間終了ないし保障が受けられない設備に関しての修理は問題無し(微妙なんで、各メーカー取得中)

当社は、シャープ及び三菱の登録工事店となっています
松下は多分年内に何とかなりそう
修理の仕事が入ってくる関係上全てのメーカー登録する予定ですが、三洋さんが取れるかどうかが微妙
かなり厳しい縛りがあるので




太陽光発電の移設やトラブルでお困りの方はご相談ください初期取り付け型の(90年代取り付け)太陽光発電システムで、電気代が近年急に上がったもの等はパワーコンディショナーの故障の可能性がありますので、点検検査をお勧めします
また、での太陽光発電システムの破損でお困りの方、ご連絡ください
保険対応業務等行っていますので、修理支払いを保険屋さん直と言う手でも行えます

修理対応は埼玉県内であれば全域お伺いします

当社 ホームページ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://shoukoudenkou.blog75.fc2.com/tb.php/148-b958f1e9

0件のトラックバック

Appendix

プロフィール

Author:彰光電工の息子
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。