Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://shoukoudenkou.blog75.fc2.com/tb.php/43-d1e10169

-件のトラックバック

アパートの改装

やっと少し時間が取れるようになってきたので、ポチポチとアップ予定

鴻巣市アパートの改装

建物は平屋の戸建
管理するには良いサイズ
長屋タイプは、後で困る事しきりです
ま、考え方は色々だが

築は40年くらいかな
全改装のため、まずは屋根と外壁
DSCN2036.jpg

こんな感じで、おっぱがします

今回は、建物の電気を混ぜてトータルの改修
コンセントも増やし、各部屋にテレビとエアコン専用コンセント増設、分電盤交換等、一通り全部やらさせてもらいました

ま、電気なんかは何時も通りですが、先ずは屋根をはぐる
雨漏りもあったため、抜本的にやり直し
DSCN2041.jpg


下地はこんなもんで凄かったです
板は隙間だらけでヘロヘロ
昔のコールタールの防水シートは、解けてなくなってる
で、全部おっぱがて、板を隙間無く張り込み、余りにも細い根太を新規に添えてがっちりと打ち直す
DSCN2042.jpg

元はこれ

で直したあとはこんな感じ
DSCN2043.jpg


今はベニアで下地組む業者が多いですが(安いのよその方が)、アパートの場合建売より生存期間が長いため、屋根の下地は良い材料おごりました

下地を組み終わったら、防水のためルーフィングをはります
DSCN2045.jpg


昭和の終わり頃までに建てた建物は、屋根下地がかなり悪い建て方をする方も居ましたので、もし現在雨漏り等でお困りの片は、屋根下地の造り替えがお勧めです(瓦の場合)
コロニアの場合、元々コロニアの対降雨寿命が10年ほどしかないため、コロニアの表面を塗り替えを忘れて、表面が白くなっている状態で雨漏り等がある場合は、全交換になります
新築時にコロニア屋根は、予算の問題も有りますが、お勧めはしません
屋根って肝ですからね
屋根だけはお金かけた方が良いです
特にアパート

と言いながらも、今回は下地のみでセメント瓦は交換無し
セメント瓦防水処理して再使用
DSCN2048.jpg

乗せ換え時に何枚か割ってしまう
一寸綺麗なのと混ざっていますが、防水処理時に同じ色に塗るので問題なし

で、高圧洗浄器でセメント瓦を洗っているところ
DSCN2049.jpg

上から三枚目までは洗浄終了

洗浄前
DSCN2050.jpg


洗浄後
DSCN2051.jpg


ここまで綺麗にしないと、防水処理が出来ません
たまに流しの屋根屋が、コロニア塗装をそれはそれは凄い値段で塗って行きますが、3年もしないで剥がれたなんてのがザラニ有ります
剥がれるのは、下地の処理の悪さと、塗装の物の悪さですね
正直屋根は手間食いますが、屋根の塗装のみで100万越えなんて事はそうはないです(坪数にもよりますが)
建物によっては足場代が掛かる事はありますが
塗装に160万とか言う請求貰って払った人も居ましたが、屋根の乗せ換えが出来てしまいます(普通の建売クラス)

と、取り敢えずこんな感じ

取り敢えず雨漏り等で困って方や、屋根周りの改修等は、ぜひ当社にご相談ください
電気工事屋の屋号なんですが、建築関係もやってたりします

会社のホームページへ





スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://shoukoudenkou.blog75.fc2.com/tb.php/43-d1e10169

0件のトラックバック

Appendix

プロフィール

Author:彰光電工の息子
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。