Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://shoukoudenkou.blog75.fc2.com/tb.php/68-b2e4c7a7

-件のトラックバック

既存のマンションを改築で、オール電化にする場合の問題点

面白いサーチワードがあったので、仕事の合間にちょっと書いてます
サーチワード 「マンション オール電化リホーム 障害

うーーーん、此れに関してはかなり色々な問題があります
戸建と違いマンションの場合、元々の給電線がいっぱいいっぱいに設計されている事が多々有ります
この辺がかなり見極めが難しく、現場に行かないとまずプロでも判りません
大手の立てた建物だから電源が余裕が有るかと言えばそんな事も無く、中小だから全部だめと言うことも無いという前提もあります

ではオール電化にすることが出来るか出来ないかは、管理組合で保管したている図面で調べるのが第一です
ただ、オール電化の場合致命的に困るのがエコキュートの設置場所と、それを設置するだけの強度です
最近の建物だと此れをかなり意識してますが、水って重いんで設計じかなりひびくんです
あねはじゃなくても、かなり問題になります
此れの設置スペースが有るかも、まず問題点に成ります

今まで色々見させてもらっていますが、今立ってるマンションですらオール電化対応していないのがある昨今、10年前のでは、ほぼ残念ながらと言うことになります

じゃ、IHだけでもと言う話も良く聞きますが、元々各部屋の最大契約を60A以下で計算しているマンションが多々あり、パイプシャフトの中の配線次第と成ります
あまり良い話ではないですが、早いもん勝ちでパイプシャフトの幹線の余裕電流をキープして使うこともあります
基本的には、まず管理組合の図面を見て、東電と折衝して、それからと成ります

古い建物で管理組合でまとめて貰い、全部屋IH導入と言う場合は、パイプシャフトの幹線交換まで見積もれますので、わりに楽に出来ますが、個別の部屋で個別に工事になると、かなり難しいことになります

IHってかなり電気を瞬間食います
ぶっちゃけ4000Wですから、昨今のエアコンがかわいく見えます
物は小さいんですが、この辺がマンションの場合問題になりますね
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://shoukoudenkou.blog75.fc2.com/tb.php/68-b2e4c7a7

0件のトラックバック

Appendix

プロフィール

彰光電工の息子

Author:彰光電工の息子
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。