Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://shoukoudenkou.blog75.fc2.com/tb.php/90-274ff0c7

-件のトラックバック

レベルチェッカー

レベルチェッカーのお話
リーダーの今度の新型LF986は良いねー
エラー表示が格段進歩してる
個人的にはもう一歩ほしい機能もあるが・・・・
お値段が
ちょっと買えませんなぁー

で、ふとレベルチェッカーの性能等の話が無いんで書いてみようかと
とかくと凄い事書きそうだが、ごく一般レベルの話と使用目的等の参考程度に

レベルを計るだけであれば、超簡易測定器がDX等から出ています
ただ、普通はこれで収まらない
理由は、チャンネルを一つしか調べられないということ
これは凄く不便
不便だが、アンテナをただ立てるのであれば、こんなもんで十分だ足りする
DXだとDLC-30という型番
ただ、正直これで間に合う人はかなり少ない
で、だんだん贅沢なものになっていく

地上波デジタルだけの測定だけでよければNHKと共同開発したというのが4万円台である
正直上の簡易計に比べれば天国のように使いやすそうなのだが、残念ながら調べるチャンネルは単一チャンネルのみとなる
ただ、こいつの凄いのはエラーレートを簡易的に測定できること
この上にリーダーのLF941Dが有るのだが、それにはついていない
あとBSは非対応
でも割りに良さそう

で、この上はリーダーのLF941Dがくる
測定だけだが、あのリーダーの製品
悪いところは無いが、いかんせシンプルすぎ
マルチ表示も非対応なんで、アンテナ直下でのレベル測定に向く

この上はマスプロさんのLCN2とLCN2Aがくる
この辺に成るとマルチ表示と成り必要な物が必要最低限ついている
AとAなしは基本的にはデーターをメモリーに入れてPCで見れるか見れないかの差となる
正直普通に使うなら十分の性能
個人的に不安が有るとすると、何年間修理が受けられるかということ
調整サービスですね
所詮測定器なんで、後々調整等必要になりますからね
この辺が引っかかる

でも、それ以外は、良いと思う

この上にリーダーのLF-50がきます
値段はぐんと上がって25万クラス大体LCN2の倍くらい
個人的にアナログ機でリーダー使ってるから、信頼感は抜群
サポートも北埼玉はバッチリだし
上位モデルとの差は、232が無いため、PCからの直接コントロールは不可
エラー表示も一系統のみとトラブルチェックに必要な最低限は揃ってます
速度も速いですし
マンション等で確認作業に使うのであれば、此方からという感じ
分配器のトラブル等が微妙にわかる(ま、微妙かな)

で、旗艦をエスコートするリーダーのLF-985Aが登場
販売価格40万クラスは伊達じゃないっす
この上に主力戦艦LF-986が出てきます
基本的には985Aのアップデートで機能を一つ追加してます
ケーブルテレビ等のパワーを発揮
値段も確か50超えてたような・・・・

で、問題はつい最近中古が出回ってたりする測定器との兼ね合い

単純に能力で揃えてくと

地上波の場合だと
LF-986 > LF-985A > LF-50 >> LCN2A >>> LF-984 >> LF983 > LCN2 > LF982
と成る
これがBSデジだと
LF-986 > LF-985A > LF-984 >> LF-50 >>> LCN2A > LF983 > LCN2 > LF982

なんでBSだと984が上がるかと言うと、こいつはBSデジ用に出てしまったモデルで、恐ろしく短命だったモデルなんだが、ことBSに関しては性能いいのよ
ただ、地上波デジタル用チューナーが世代が古いんでエラーのチェックが確かモード一つしかない

取り敢えずは参考程度にはこんなもん
予算があって取り敢えずどれにしようというのであれば、LF-50が超お勧め
ちょっと予算がと言う人で、木造等の戸建のアンテナであればマスプロのLCN2
ビル等が専門でケーブルテレビ等もガシガシやってる人はLF985A以上

てとこかな

因みに地上波デジタルチューナーのレベル値はなんか今一と言う感じ
BSの時代とおんなじ感想

LF983やLF984の中古が5万くらいなら買うが10万の価値はちょっとみいだせない
984の中古をこの前15万で見つけたが、ちょっと論外
この値段ならLF-50買うし
マスプロも悪くは無いんだけど、さてどうするかなと言う感じ
うーーーん
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://shoukoudenkou.blog75.fc2.com/tb.php/90-274ff0c7

0件のトラックバック

Appendix

プロフィール

彰光電工の息子

Author:彰光電工の息子
FC2ブログへようこそ!

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。